株式会社アイソル AI・CLINIC
はじめに
特徴
簡単・すぐ使える
システム構成例
機能一覧
HOME > 製品紹介 > AI・CLINIC > 機能一覧
  機能一覧
限りなく紙カルテに近いイメージを追求しました。
イメージは「カルテ2号紙」そのまま… 直感的な操作性とスピーディーな入力をお約束します。
受診患者一覧 患者登録
カルテ2号紙 今回のオーダー
次回のオーダー 患者情報
カルテビューワ 投薬歴
検査グラフと投薬歴の同時表示 成長曲線グラフ
適応病名チェック・能書情報 マルチビュー
簡易ファイリング 外部データ取得
文書管理 予約
会計 レセプト
レセプトチェック new
受診患者一覧
受付してから診察までどの位の待ち時間があったのか、背景色により簡単に把握することができます。
来院患者様一覧の行為区分を右クリックするとマークが 切り替わるので、コメディカルとの連携、注射・処置等の実施確認ツールとしてお使い頂けます。

このページのTOPへ
患者登録
すっきりとしたデザインで入力効率をアップします。
最終保険確認日から月が替わると、確認メッセージを表示。医院毎に設定できる分類登録も装備しているので、患者管理システムでの検索等に有効に利用できます。

このページのTOPへ
カルテ2号紙
AI・CLINIC EVのカルテ画面は、日々のオーダーやセット作成が1アクションで行なえます。また、レイアウトや画面内設定を変更するだけでお好みの電子カルテ画面に変わります。
マニュアル不要の直感操作で、短時間で使いこなして頂けます。

このページのTOPへ
今回のオーダー
スタンプボックスからマウスでDrag&Drop、またはダブルクリックでの簡単入力。所見や処方、検査などのスタンプをカルテに押すイメージでの操作です。

このページのTOPへ
次回のオーダー
次回来院時の検査などを予約オーダーとして入力できます。当日は右クリックで【実施】として頂くだけの簡単操作で、オーダー入力が完了します。

このページのTOPへ
患者情報
サマリー・家族情報・アレルギーなどの患者個別情報が登録できます。定期処方のお薬を患者セットに登録しておけば、そこから本日のカルテへDrag&Dropで入力できます。

このページのTOPへ
カルテビューワ
家族の方のカルテや他の患者さんのカルテを参照したい場合、ビューワ機能で現在のカルテの上に開くことができます。
また、独立したビューワとしても利用できます。

マニュアル不要の直感操作で、短時間で使いこなして頂けます。

このページのTOPへ
投薬歴
薬剤及び診療行為履歴をグラフ表示。重複投与等の確認が行えます。画面に表示する行為・期間は簡単に変更が可能です。

このページのTOPへ
検査データと投薬歴の同時表示
膨大な量となる検体検査報告書を一括管理。
検査時系列グラフと投薬歴・生体検査歴も同時に表示出来るので、患者様への説明が効果的に行えます。

このページのTOPへ
成長曲線グラフ
児童の患者様の成長を管理する上で必須となる「成長曲線」。 院内入力ツールより入力された「身長」「体重」 「頭囲」「BMI」をグラフ化し、児童の成長を断続的に評価します。※標準値は18歳まで対応しています。

このページのTOPへ
適応病名チェック・能書情報
薬剤からの適応病名のチェック・能書情報も装備しているので安心です。

このページのTOPへ
マルチビュー
長期間にわたる患者情報を一画面に集約しています。特に慢性疾患の患者様の管理が効果的に行える機能です。

このページのTOPへ
簡易ファイリング
患者様ごとに心電図、エコー、デジカメ画像等を管理できます。保険証や紹介状の書類もスキャナ等で取り込むことができるので、画像を一元管理できます。さらに、画像や書類を印刷して患者さんにお渡しすることも可能です。

このページのTOPへ
外部データ取得
画像、数値データファイリングシステムとの連携を考慮し、外部データ取得機能を装備。必要なデータをカルテ画面に直接張り付けることができます。

このページのTOPへ
文書管理
紹介状や診断書などの文書が作成できます。カルテ画面に入力した処方や病名などをコピーして、紹介状や診断書を作成できます。雛型にはWordを利用しているため、レイアウト作成も自由に行えます。

このページのTOPへ
予約
予約機能を標準装備。空き状況がすぐに把握でき、カレンダから次回受診予定日時を指定するだけで次回予約が登録されます。受付側からも同じ操作ができ、診療時の次回予約と窓口予約の両方に対応します。

このページのTOPへ
会計
カルテ、オーダーから会計までの完全一体型システムですので診療後、即会計が可能です。変更後もリアルタイムに会計に反映されます。

このページのTOPへ
レセプト
ペーパーレスでレセチェックを実施。チェック一覧画面では色分けした付箋を貼り、保留コメントが書けます。また、レセチェック画面からは、レセプトを紙のイメージで確認しながら、同じ画面から修正したい日のオーダー画面を直接呼び出せ、カルテとの突合せ確認に最適です。これは一体型システムならではの特性です。

このページのTOPへ
レセプトチェック new
レセプト電算・オンライン化の必須アイテム。算定系と疾患系の2種類のチェックを行うことで、今までにない高精度のチェックを実現しました。また、月を跨いでの算定回数制限チェックも行えます。*オプション

このページのTOPへ
COPYRIGHT(C) 2006. AISOL. ALL RIGHTS RESERVED. PRIVACY POLICY