株式会社アイソル AI・CLINIC
はじめに
高機能は優しさに
新しいデータ活用
変化への対応力
システム仕様
HOME > 製品紹介 > HOPE SX-R > 高機能は優しさに
  高機能は優しさに
 
 

使う人の視線に立って考えると、高機能は優しさになりました

使う人に優しい操作性を徹底追及
入力中には、操作ガイダンス画面に「ここでどんな操作をしたら良いか?」のメッセージが表示されます。使いはじめの不慣れな時期や、使用頻度の低い作業をする時にも、安心して簡単に操作が可能です。
使う人に優しい操作性を徹底追及
正確なレセプト作成をお手伝い、レセプトチェック機能
レセプトを印刷したイメージをそのままに、スピーディーに画面表示することができます。内容に誤りがあれば、レセプトイメージに重ねてエラーメッセージが表示され、即座に修正画面を呼び出すことができます。
正確なレセプト作成をお手伝い、レセプトチェック機能
社保総括票(提出用)国保総括票(提出用)印刷機能を標準装備
標準機能として社保総括票(提出用)や大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・和歌山(対応予定)の国保総括票と公費福祉請求書を印刷できます。
レセプト時期の業務負荷を大幅に軽減、レセプト電算処理システム
医科保険の診療報酬請求をMO(光磁気ディスク)などで行うレセプト電算処理システムを、診療所用の基本システムでは標準搭載しています。※病院用基本システムではオプション
日々の入力効率を大幅アップ
診療行為の入力画面に、ツリー構造での来院カレンダーと、過去の入力内容を常時表示する画面を設けました。ひと目で初再診の区別がつくだけでなく、再来の患者さんの場合には、必要に応じてワンタッチのDO入力ができます。
日々の入力効率を大幅アップ
患者情報を一元化、イメージ情報管理機能を用意
保険証の写しや患者さんが持参した紹介状など、通常コピーを保管している様々な帳票を、患者さん単位にイメージ取り込みをして管理するための仕組みを標準で用意しています。法的に書面で残しておく必要のある帳票も、日々の「ちょっと見てみたい」時の利用には、どの端末からでも参照できますので、カルテ棚を探したり搬送したりする手間が省けます。
患者情報を一元化、イメージ情報管理機能を用意 法的に保存を義務づけられた帳票の、電子保存をするための機能ではありません。
スキャナなどイメージ取り込み装置が別途必要です。詳しくは販売員にお尋ねください。
環境にも配慮。印刷物を画面で確認、帳票プレビュー機能
月報、日報などの統計帳票やレセプトの一括印刷データのみならず、窓口で発行される請求書や処方箋、指示箋など、あらゆる業務帳票の印刷結果が画面に出力可能です。内容の確認さえできれば良い情報や、点検・確認用の帳票など、無駄な再印刷を減らすことができます。
環境にも配慮。印刷物を画面で確認、帳票プレビュー機能
COPYRIGHT(C) 2006. AISOL. ALL RIGHTS RESERVED. PRIVACY POLICY