株式会社アイソル AI・CLINIC
はじめに
高機能は優しさに
新しいデータ活用
変化への対応力
システム仕様
HOME > 製品紹介 > HOPE SX-R > 新しいデータ活用
  新しいデータ活用
 
 

より広く、より長く、より安心に。それがデータ活用の新しい形です

蓄積されたデータを有効活用、患者管理機能
登録された患者を属性、病名、診療行為などさまざまな条件で検索するための機能を用意。検索結果を画面表示するだけでなく、患者台帳やダイレクトメール用宛名ラベルとして印刷、またCSV形式での抽出も可能です。
蓄積されたデータを有効活用、患者管理機能
データの超長期保存とマスタの世代別管理を実現
会計カードデータは標準で48ヵ月の長期保存が可能。サーバ機のディスク容量次第で、さらなる長期保存も可能です。また保存期間内のデータは世代別に管理しており、度重なる診療報酬改定をはさんだ過去のデータを更新する場合には、更新するデータ日付から使用すべき点数マスタとプログラムを自動的に選択、即時に表示修正が可能です。
データの超長期保存とマスタの世代別管理を実現
個人情報保護にも配慮、セキュリティ管理機能
オペーレーターごとにIDとパスワードを付与し、実行権のある業務しか実行できないようにする機能です。分散入力や部門システム連携などで医事データベースにアクセスするスタッフの範囲が拡がっても、患者のプライバシー保護や経営に関する貴重なデータを安全に確保できます。
個人情報保護にも配慮、セキュリティ管理機能
COPYRIGHT(C) 2006. AISOL. ALL RIGHTS RESERVED. PRIVACY POLICY