株式会社アイソル AI・CLINIC
はじめに
誰もが簡単に
利便性を徹底追及
安全と安心を
高い拡張性
機能一覧
HOME > 製品紹介 > HOPE/EGMAIN-RX 富士通電子カルテシステム > 利便性を徹底追及
  利便性を徹底追及
 
 

蓄積された履歴データを即座に参照できます

症状経過欄に入力されたバイタルサインのデータや、投薬情報などを必要に応じ、即座に時系列で表示、参照することができます。
経過項目データベース
経過項目データベーステンプレートに関連付けを行うことで、カルテ上に記載された体温や血圧、身長や体重などバイタルサインデータを経過項目として自動的に記録し、データベース管理できます。
投薬歴管理
投薬歴管理患者さんの投薬歴情報を1ヶ月単位で表示する投薬歴管理機能をご用意しています。グラフィカルな表示で定期処方の投薬漏れ防止などにお役立ていただけます。

患者さんの家族情報もビジュアルに管理できます。

血縁図イメージで家族情報の登録・管理が可能です。
血縁図イメージ

電子化のメリットのひとつである検索性を徹底追求しました。

フリーに入力された文字列からでも目当てのカルテを検索できます。
あらかじめマーキングしておかなかった日のカルテや、診療日付を正確に覚えていない日のカルテであっても、簡単に見つけだすことができます。検索の結果は、画面に表示するだけでなく、CSV形式で出力し、OAツールなどで利用することも可能です。
カルテナビゲータ
カルテナビゲータ 特徴的な症状や特筆すべき診療行為などに、紙に付箋を貼るイメージでマーキングすることができ、日付指定をした時と同じように目当てのカルテを即座に呼び出せます。
カルテ全検索
カルテ全検索受診年月日や受診料、診察をした先生などの受診情報と生年月日や性別、傷病名や診療行為など、さまざまな検索条件を組み合わせ目当てのカルテや患者さんを探し出すことができます。
カルテ内検索
カルテ内検索 患者さんがチアノーゼを起こした時のカルテを探しているところです。「チアノーゼ」を入力して検索を実行すると、「チアノーゼ」という文字列を含むカルテを選びだします。複数見つかった場合も、次々めくりながらすぐ目当てのカルテまでたどり着けます。

検体検査の結果データを取りこむことができます

外注検査センターなどから提供される検査結果データをカルテ上に取り込み、簡単に参照、利用することができます。
検体検査の結果データを取りこむことができます

参照画像データもカルテ上に取込むことができます

所見の一つとして、ビットマップやJPEG画形式の参照画像データ※1を、カルテ上に取込めます。画像ファイル出力機能を持った医療機器の他に、デジタルカメラやスキャナなど※2から、直接取込むことも可能です。
参照画像データもカルテ上に取込むことができます
※1 診断画像としては使用不可
※2 TWAINインターフェイス対応
COPYRIGHT(C) 2006. AISOL. ALL RIGHTS RESERVED. PRIVACY POLICY