株式会社アイソル AI・CLINIC
HOME > 製品紹介 > Dr’s秘書 for mental clinic
  Dr’s秘書 for mental clinic
 
 

レセコンデータを有効に活用しませんか?

 電子カルテを導入したくても精神科での導入は難しいとお考えではありませんか? 当社新開発のDr's秘書なら、紙カルテ方式はそのままで診療の流れを変えることなく、実績のある富士通レセコン『HOPE/SX-J』との連動にて、診察室のパソコン上で投薬歴、注射歴の参照・面倒な各種書状が簡単に作成出来ます。
画面サンプル 画面サンプル
画面サンプル 画面サンプル

患者情報・現病歴・現病状・投薬歴・注射歴を参照可能

大阪市・大阪府診断書新様式に対応(兵庫県診断書対応)

ICD-10 (国際疾病分類) 病名連想検索機能

ICD病名検索機能(想い出し・絞込み検索)

  • ICD-10 (国際疾病分類)に対応。データベースから病名の絞込検索が可能です。
画面サンプル → 画面サンプル
※ 「精神」にて検索をした後、「エピソード」で絞込検索をした例です。

通院公費負担用診断書・手帳用診断書・紹介状作成機能

  • レセプトコンピュータより取り込んだ投薬歴・注射歴、登録した現病歴・現病状を各書状に反映させることが可能です。
  • 各書状を発行すると自動的に更新日が入力されます。入力域をクリックするとカレンダー画面で入力できます。 ※ もちろんキーボードでの入力も可能です。
    画面サンプル
  • 今後、ますます手間のかかる‘新様式診断書’をICD-10カテゴリ自動入力機能により簡単にスピーディーに作成可能です。
    診断書サンプル
COPYRIGHT(C) 2006. AISOL. ALL RIGHTS RESERVED. PRIVACY POLICY